【禁断】飲酒運転可能な国オーストラリアとそのルール

飲酒運転!ダメ!ゼッタイ!!

日本では飲酒運転の罰則が厳しくなり、飲酒運転に対する周囲の目も厳しくなっています。
しかし、オーストラリアでは飲酒運転可能です。

僕がワーホリ中に最も衝撃を受けたことの一つです。
飲酒運転が可能ってどういうこと?と混乱している人のために、オーストラリアの制度を説明しながら解説していきます。

お酒のルールは国によって意外と違います。
飲酒運転のような絶対ダメなものでも、海外では考え方が違うケースも・・・

この記事の内容

・オーストラリアと飲酒運転
・世界の飲酒運転に対するルール

オーストラリアと飲酒運転

飲酒運転

オーストラリアでは飲酒運転可能です。
もちろん、どれだけ飲んでも運転していいわけではありません。

オーストラリアでのお酒のルールについて順番に説明していきます。

お酒と運転

オーストラリアでは血中アルコール濃度が0.05%以下なら、運転可能とされています。
これはNSW州政府(シドニーのある州)のホームページにも記載されている通りです。

タクシーの運転手や大型車の運転手などはまた違う規制になっていますが、普通の人は0.05%以下が基準です。

はてなの人
でもどうやったら0.05%以下かどうか分かるの?

ここが非常にポイントです。

自分の血中濃度を把握するための基準としてスタンダードドリンクという概念が導入されています。

例えば成人男性が飲酒開始して初めの1時間で2スタンダードドリンクを飲んだだけなら、飲酒運転OK
血中濃度が0.05%以下に抑えられているというガイドラインが定められています。

またその後は1時間に1スタンダードドリンク飲むペースなら飲酒運転OKとなっています。

成人女性の場合は、男性と違い初めの2スタンダードドリンク分がなく、1時間に1スタンダードドリンクが基準とされています。

はてなの人
1スタンダードドリンクってどれくらいなの?

スタンダードドリンク目安

出典:オーストラリア政府スタンダードドリンクガイドライン

大体の目安はこの通りです。
ウイスキー、ジン、ウォッカなどのお酒は1ショットが1スタンダードドリンクになります。

日本人の感覚からすると絶対運転できなさそうな量です・・・

スタンダードドリンクはあくまで、オーストラリア人の体質に基づいた数字です。
日本人はアルコール分解能力が低いので、オーストラリアでもお酒を飲んだら運転しないようにしましょう。
実際、NSW州では国際ライセンス保持者が血中濃度0%を超える状態での運転することを禁じています。
*2020年1月1日時点

オーストラリアとお酒

飲酒運転の法律を見ると、オーストラリアではお酒の規制が緩いように感じます。

しかし実際はそんなことはありません。

まず日本と大きく異なる点が、路上での飲酒の完全禁止です。

このルールは非常に厳格に運用されており、路上での飲酒は厳しく取り締まられていますので注意してください。

またお酒を売ることに対してもルールが整備されており、お酒を販売提供する人はRSAという資格を取得しなければいけません。

*RSAとはResponsible Service for  Alcoholの略です。

お酒の取り扱いのあるレストランのウェイターは必ず持っておかないといけない資格です。
アルバイトでも必須です。

オーストラリアは違った側面でアルコールの規制が厳しいところがあります。

世界の飲酒運転ルール

飲酒運転ルール比較

それでは世界各国の飲酒運転ルールはどうなっているのでしょうか。
少し紹介します。

日本の飲酒運転ルール

日本ので飲酒運転とされる血中アルコール濃度は0.03%です。
*本来のルールでは、他国と違って呼気中のアルコール濃度なので少し基準が違いますが、概算するとこの程度と言われています。

オーストラリアの方が1.7倍程度多くなっています。
日本人のアルコール消費能力を考えると『飲んだら乗るな』が正しい対処方ですね。

「飲酒したらなにがなんでも運転したらだめ」という傾向が強くなっているのは非常に良いことだと思います。

飲酒運転が完全に無くなる社会を作っていきたいですね。

アメリカの飲酒運転ルール

アメリカは州によって違いますが、大体0.08%程度です。
例えばカリフォルニア州は血中アルコール濃度0.08%を飲酒運転の基準としています。

参照:カリフォルニア州ドライバーズガイドライン

アメリカはオーストラリアよりもさらに高いアルコール濃度を基準にしています。

カナダの飲酒運転ルール

カナダもアメリカと同じく0.08%程度です。
例えばオンタリオ州(トロントなど)では血中濃度0.08%を基準としています。

参照:オンタリオ州Ministry of Transportation

飲酒運転に関してもアメリカと似たようなルールになっているようです。

ワーホリ中は飲酒運転厳禁

オーストラリア人は、スタンダードドリンクというガイドラインを基準に判断しています。
ただしこのガイドラインは一般的なオーストラリア人男性の基準です。

日本人は当てはまらないので、ワーホリ中や旅行中は絶対に飲酒運転はやめましょう。