オーストラリアはカフェ大国!スタバを撤退させた国のカフェの魅力を解説

オーストラリアの魅力はグレートバリアリーフやウルルなどの壮大な自然だけだと思っていませんか?

実はオーストラリアに強く根付いた面白い文化があります!

それが独特のカフェ文化です。

そしてその強力なカフェ文化を前に、あのスターバックスが撤退したほどです!

オーストラリア観光で迷っている人はカフェ巡りはいかがですか?

本記事では、あまり日本人には知られていないオーストラリアのカフェ文化についてまとめていきます。

観光客が頼むべきおすすめのメニューも紹介します!!オーストラリア旅行を考えている方は要チェックです。

むじ太
むじ太
オーストラリアで1年過ごし、カフェで半年バイトしていた僕がその魅力を解説していきます!

この記事の内容

・オーストラリアとカフェ
・オージーカフェ独自のメニュー

オーストラリアとカフェ

オーストラリアとカフェ文化

オーストラリアには数多くの個人経営のカフェがあります。

エスプレッソ式のコーヒーが主流で、イタリア系の移民がその文化の持ち込んだとされています。

オージーカフェの魅力

多くのオーストラリア人はお気に入りのバリスタやカフェがあるほど強いこだわりを持っています。

コーヒーの質に対して、店も客もものすごい情熱なのです。

そして朝は通勤途中にお気に入りのカフェのコーヒーを片手に出勤するのがオーストラリア流。

そのようなこだわりを持てるほど、オーストラリアには個性的なカフェがたくさんあるのです。

お店によって少しずつ味も違うので、自分が好きなカフェを見つけてみてください!

むじ太
むじ太
僕でも店ごとの味の違いはわかったので、あなたも味の違いがきっとわかる。

他の特徴としては落ち着いたリラックスできるカフェが多いところです。

家族、恋人とご飯を食べたり、ゆっくり新聞を読みながら過ごしたりと、リラックスできるカフェがたくさんあります。

独自のカフェ文化はスタバを撤退させた

このオージーの並々ならぬコーヒーに対する情熱はスタバを撤退させました。

はっきり言うと、多くのオーストラリア人はスタバが嫌いです。笑

そして「オーストラリアはスタバを撤退させたんだ!」とどこか自慢げに話します。笑

むじ太
むじ太
僕はスタバ好きですよ。。。

しかし、スタバ好きのあなた、安心してください!
オーストラリアにもスタバはあります。

実はアメリカのスターバックス社はオーストラリアから撤退し、違う会社がオーストラリアのスターバックスを運営しています。

スタバは2000年にシドニーに初出店してから苦戦を強いられます。
そして赤字を垂れ流し、2008年には60店舗を閉店し、24店舗に縮小を決断。

その後オーストラリアのセブンイレブンを運営する会社がスターバックスのオーストラリアでの運営を引き継ぐことになりました。

その結果、オーストラリアにはスターバックス自体はあるが、運営が違う会社によって行われているという状況なのです。

(参考:7-Eleven owners the Withers Group to take over Starbucks in Australia/news.com.au

スタバがオージーに受け入れられなかった理由

スタバが苦戦した理由として個人的に思うのは以下の2つです。

・本格派カフェに慣れ親しんだオージーの舌に合わなかった
・価格が高すぎた
簡単にいうと、「質」と「価格」がマッチしてないように受け入れられたのでしょう。
オージーと実際に話してみると、やっぱりスタバ嫌いな人は多いです。
しかし、意外とセブンイレブンのコーヒーは受け入れられています。
僕が働いていたカフェのオーナーは「日本の缶コーヒーはおいしい」と言っていました。笑
結局、安ければ味がそれなりでもいいのでしょう。
むじ太
むじ太
味にこだわりがあるのか、ないのかよく分からない。。。
こういう飾らないところがオージーらしいです。笑

オージーカフェの独自のメニュー

オージーカフェ独自のメニュー

オージーカフェ独特のメニューとして2つ紹介します。

・フラットホワイト (Flat White)
・アイスコーヒー (Iced coffe)

特に気を付けなくてはいけないのが、アイスコーヒーです。
日本人観光客はゼッタイに気軽に頼まないでください。

オージー大好きフラットホワイト

オーストラリアのカフェを語るうえで欠かせないのが「フラットホワイト」です。

むじ太
むじ太
僕がカフェでバイトしていた時は6割以上はフラットホワイトを頼んでいた気がします。
フラットホワイトってなにか?といいますと、ほとんどラテです。笑
ラテの濃いバージョンといった感じです。
違いは下の図のようなイメージです。
ラテとフラットホワイト
フラットホワイトの方にはミルクフォームがないのが特徴ですが、カフェによって作り方が違うようです。
「フラットホワイトのスチームミルクの方がきめ細かい」など色々こだわりがあるようですが。。。
このフラットホワイトはオーストラリア、ニュージーランド由来のもので、じわじわ世界中に広まっていっています。
日本ではまだ珍しいので、オーストラリア観光の時に試してみて下さい!

悪魔の飲み物「アイスコーヒー」

オーストラリアは夏はめちゃくちゃ暑いです。
そんな時に「冷たいコーヒー飲もうか」とカフェに行って、メニューにある「iced coffee」を注文してしまうとびっくりします。

オーストラリアのiced coffeeはコーヒーシェイクみたいなものです。

オーストラリアのアイスコーヒー
こんな感じの甘い冷たい飲み物が出てきます。
スタバのフラペチーノに近い感じですかね。
日本のアイスコーヒーを想像しているとビックリしますが、これはこれでおいしいので試してください!
日本のアイスコーヒーのようなものが欲しかった時は、別で氷を頼むしかないと思います。笑
「Could I get a americano with some peices of ice?」と言って氷をもらえたら、日本のアイスコーヒーを自分で作れると思います。

オージーカフェを楽しもう

オーストラリアの魅力の一つとしてカフェ文化を紹介しました。いかがでしたか?

あまり日本人に知られていませんが、オージーは誇りを持っています。

そんなオーストラリア人におすすめのカフェを聞くのも面白いと思いますよ。
カフェから会話が始まるのもいいですね。

オーストラリア観光やオーストラリアにワーホリに行く際は、ぜひオーストラリア流のカフェを楽しんでください!