【一人旅】日本で国際交流したければゲストハウスに泊まろう!おすすめゲストハウスの選び方

国際交流できる場所ってないかな?
日本で手軽に国際交流できる場所ってないかな?
むじ太
むじ太
そんな方にはゲストハウスに宿泊してみることをおすすめします!
ゲストハウスの探し方を知りたい
初めての一人旅でも楽しめるゲストハウスってどう選んだらいいの?
むじ太
むじ太
いろんな人と交流が楽しめるゲストハウスをおすすめします!

国内外合わせて10以上のゲストハウスに宿泊している僕なりのゲストハウスの選び方をシェアしていきます。
それほど上級者ではない僕の選びだからこそ、これから初めて一人旅しようとしている人やまだまだ一人旅に慣れていない方の参考になればと思います!

まず僕の旅のスタイルは交流することです。
なので、一人で静かに黄昏ながら旅したい人向けではないです。
その点を踏まえて参考にしてください!

次の方におすすめです

・初めて一人旅にチャレンジする人
・いろいろな人と仲良くなれるゲストハウスの見つけ方を知りたい人
・そもそもゲストハウスってなに?っていう人

 

この記事の内容

・そもそもゲストハウスとは?
・国際交流できるゲストハウスの特徴

そもそもゲストハウスとは?

ゲストハウスのイメージ

一言でいうと、宿泊代を抑えたい旅行者向けの安宿です。
普通のホテルの感覚で、おもてなしをされる感覚は捨ててくください。

似たような宿泊施設で(ユース)ホステル (youth Hostel)とかB&B (ベッド&ブレックファスト)とかいうのもあります。

定義とかはwikipediaを見てください。
僕もよくわかりませんが、大体一緒と思って大丈夫です。

感覚として、b&bは家っぽい雰囲気がするような気がします・・・

ゲストハウスの特徴

ゲストハウスの特徴は以下の通りです。

・宿代が安い (日本なら 2000円/泊~)
・風呂、トイレなどの回りは共有
・アメニティは基本なし
*シャンプー、トリートメント、ボディソープ、ドライヤーはあるところも
・共有スペースがある

ゲストハウスの特徴はざっとこんな感じです。
とはいえ色々なゲストハウスがあるので個別にチェックしてみて下さい。

部屋の種類

ゲストハウスの中の部屋にも種類があります。

・ドミトリー
・ダブルルーム、ツインルームなどの部屋

基本的にはこの2種類です。
ダブルルームなどは普通のビジホと同じような部屋です。
もちろんビジホよりは簡素で、部屋が狭かったり、テレビがなかったりって感じになっています。

ドミトリー (略してドームとも)がゲストハウスっぽい部屋で、10人分のベッドが1部屋にあってそこに知らない人同士が寝ます。

予約するときは人数分の”ベッド”を予約します。”部屋”の予約ではないです。
人数分だけ値段が掛け算で増えていきます。

なので友達3人で宿泊するのであれば、3人部屋の料金をシェアする方が安くなることもあります。

一人旅の人はドミトリーを選ぶ人が多いので、いろんな人と交流できる可能性がありますよ!

初めから知らない人と同じ部屋に泊まるのは勇気が出なければ、ゲストハウスにたまにあるシングルルーム
やダブルルーム (値段は高くなります)に一度泊まってみることもありだと思います。

ゲストハウスでの交流

ゲストハウスでは、人との関りを避けられない

同じ旅してる者同士、共通の話題もある
簡単に話を進めることが出来るのです!

特に共有スペースが交流のカギになります

外国人と出会えるゲストハウスの特徴

ゲストハウスでの交流

・共有スペースが椅子ではなく、ソファ
・共有スペースが広い
・部屋が大部屋で不便
・建物が大きい
完全に僕の主観で、交流だけを目的にした選び方はこれだと思います。
逆に交流したくないという人はこのポイントが当てはまらないホステルを選ぶことをお勧めします。
一個ずつ見ていきましょう!!

共有スペースが椅子ではなく、ソファ

これはソファのほうがパーソナルスペースが少ないからです。

椅子とテーブルだと個人間の境目が明確です。
パソコンと向き合っている人もいたり、空気が少し堅くなります。

なので共有スペースにソファがたくさん置いているようなところがおすすめです。

共有スペースが広い

共有スペースが広いとたくさんの人が来やすいです。

共有スペースが狭いと、誰かいると使いづらいし、逆に誰もいないと使いにくい気がします。

この心理は僕だけなのか・・・?笑

部屋が大部屋で不便

これは普通の感覚でいうと、すごいデメリットです。
ただし、交流目的で考えるとすごいメリットです。

例えば、10人相部屋でベッドが狭く、共有の机などもない部屋だったらどうしますか?

ちょっとパソコンで調べ物をするにしても部屋から出ませんか?

その結果、まずは部屋から出て共有スペースに人が集まりやすくなり、共有スペースが賑わいやすくなります。

建物が大きい

これは単純にキャパの問題です。
キャパが大きいとそれだけ人がいるので、出会いの分母が大きくなります。

廃れた大きなゲストハウスだとはずれですが・・・

これがむじ太流のゲストハウスの選び方です!

実際に泊まった【booking.com】両国旅荘 庵 はこの特徴を満たしていて、共有スペースでの出会いも多く楽しかったです!

特にリンクから共有スペースの写真を見て見てください!
居心地が良さそうで交流が生まれそうじゃないですか?

ゲストハウス宿泊を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

調べるには【Booking.com】 【agoda】などがあります。
安宿を検索・予約するならココって感じで言われてます。

これから個々のゲストハウスレビューもしていきますが、こんなスタイルの僕のレビューということを覚えておいてください。笑