【TOEIC】リスニングがいつまでも向上しない人へのたった一つのアドバイス

リスニング苦手な人
TOEICリーディングはスコア上がってきたぞ
でもリスニングが伸びない・・・

今回はそんな人にリスニング力を伸ばす方法を教えます。
これまでこんなことをしてきてないですか?

・とにかくリスニング問題を解く
・聞き流し系の教材に手を出す
むじ太
むじ太
僕もこれらをやってきましたが、全く効果はありませんでした。

僕は留学に行ってからリスニングを聞きとれるようになりました。

ただし僕は留学を勧めるつもりはありません。

留学中にスピーキングの練習をしたから、リスニングもできるようになりました。
僕がおすすめするリスニング力向上法は、英語のスピーキングです。

英語を話せるようになる努力をすることで、英語の理解が確実に深まります。
その結果、英語が聞き取りやすくなるのです。

そしてスピーキングを同時に身につければ世界は広がります。

面倒くさく感じるかもしれませんが、高額な聞き流し教材に手を出そうとしている方は一度この記事を読んでみて下さい

この記事の内容

・リーディングとリスニングの違い
・スピーキングはリスニングの最強勉強法
・おすすめのスピーキング練習法

僕の実績

・TOEICリスニングスコアは465点取得(Total 920点)

リーディングとリスニングの違い

リーディング vs リスニング
違いは処理速度です。

リスニング、リーディングの特徴を確認していきましょう。

リーディングは何度でも好きなように読める

リーディングは返り読みが出来る点が大きな違いです。

返り読み

リーディングではこのように、日本語の語順に合うように後ろから訳して理解することが可能です。

リスニングは瞬時に理解する必要がある

リスニングは入ってくる情報を順番に処理していくひ処理していく必要があります。

リスニング 返り読みなし

イメージはこんな感じです。
入ってくる情報を瞬時に処理していく必要があります。

普段の会話なら、聞き逃したら聞き返すことが出来ますがTOEICではできません。
これもリスニングパートの難しさの一つです。集中力も必要です。

むじ太
むじ太
日本語でもぼーっとしていると聞き逃してしまうことありますよね?

スピーキングは最高のリスニングの最強勉強法

英語を理解している!

リスニング苦手な人
これまでの話は聞いたことあるし、知っているよ。
こんなの当たり前の話じゃん・・・

その通りです。
ここまでの話は当たり前なのですが、「理解している」のと「できる」のは違うのです。

「理解している」領域を乗り越えて、「できる」段階へステップアップしていきましょう。

インプットとアウトプットの関係

リスニングとスピーキングは、インプットとアウトプットの関係です。

アウトプットがあるからインプットした情報は輝きます。
リスニングとスピーキングも一緒です。

英語の話し方が分からないのに、スピーカーがどのような感覚で話しているか分からないのに、上手く聞き取ることが出来ますか?

どのように発音しているか分からないのに、発音された単語を瞬時に理解できますか?

リスニングとスピーキングは表裏一体。
相乗効果で英語力を向上させましょう。

話せないけど聞ける人

確かにTOEICの点数は高いけど話せない人もいます。

そのような人は以下のような人の可能性が高いです。

・要領がいい。ポイントをとらえるのが上手い。
・勉強時間が桁外れ
リスニングのトレーニングとして、スピーキングをお勧めしているのは英語という言語の理解が深まるからです。
なので、要領がいい人はリスニングのトレーニングだけで、ポイントを掴んでいる可能性があります。
またとてつもない勉強時間でカバーしている人もいるでしょう。
でも同じ時間をかけるのなら、ついでに英語を話せるようになっておいた方が良くないですか?

おすすめのスピーキング法

おすすめのスピーキング勉強法

お金のかからない方法がほとんどです。

スピーキング勉強トレーニング法

1. 瞬時に英文を作れるようにする
2. 発音の基本を身につける
3. 独り言でスピーキングトレーニング

1. 瞬時に英文を作れるようにする

まずは瞬時に日本語→英語に変換するトレーニングです。

このトレーニングで、英文の構造の理解が深まります。

英文構造の理解

先ほどの例文で説明すると、
英語を話すトレーニングをすることによって、need toの後には必要なことをいれるな。
名詞+ toの後には名詞を説明するものがくるな。

ということが身をもって体感することが出来ます。

僕は以下の本で実際にトレーニングを行いました。

この本を使ってトレーニングして、英文の構造理解を深めて下さい。

2. 発音の基本を身につける

次に発音を学んでいきましょう。

英語の発音の勉強は始めるときりがないです。
とりあえず基本を身につけましょう。

・日本語と英語の発音の違い
・特徴的な子音の発音法  「f」vs 「h」など
・英文中での音の変化 「くっつく音」など
・英語のリズム
これらを学び、実際にアウトプットできるようにしましょう。
これらのことはこの本に書いてあります。

3. 独り言でスピーキングトレーニング

「瞬間英作文の能力」と「発音の基礎」を掛け合わせて、実際に話してみましょう。

まずは独り言から始めましょう。
営業先に向かっている道中、部屋に一人でリラックスしている時、トイレの中・・・

いつでもタダで独り言はできるので、どんどんやっていきましょう。

自分の発音やリズムが正しいのか分からなくなったら、Youtube、海外ドラマ、リスニング本を聞いてみて、話し方を取り入れてみて下さい。

+α オンライン英会話で実践トレーニング

・独り言に飽きてきた
・実際に誰かと話してみたい
・もっともっと話せるようになりたい
となってきた人にはオンライン英会話もおすすめです。

有名などころのレアジョブ英会話DMM英会話を試してみましょう。
両方とも無料会員登録で2回の無料レッスンを受けることが出来ます。

オンライン英会話を受ける際は、適当にレッスンを受けるのはやめて下さい。
事前に「話すこと」を決めて、インプットした内容をアウトプットする場として生かしましょう。
準備なしで受けると効果は半減です。

スピーキングでリスニング力を鍛えよう

リスニング力アップで行き詰っている人は、一度視点を変えてスピーキングにトライしてみて下さい。

費用もそれほどかからないものばかりです。

スピーキングを練習すればTOEICのスコアだけではなく、実際の英語力も向上します。
世界が広がるはずです。

ぜひ挫折せずやってみて下さい。